当社では最新の設計・加工技術で、あらゆるボタンを製造しています。
3Dスキャナー、新CAD/CAM、新規マシニングセンタ導入により、金型作製工程を従来の10日間から3日間に短縮し低コスト(金型代:3万円)を実現。
お客様の様々なニーズに応える体制を整えています。

MANUFACTURING PROCESS

製造工程

1.成形加工

3Dスキャナー

専用スキャナーで、金型作製の三次元データを読み取り

CAD・CAM

三次元データをCAD/CAMソフトで編集、切削加工データ作成

マシニングセンタ

金型を切削加工する自動工具 交換機能付きマシニングセンタ

金型取付の様子

金型を射出成形機に取付け

成型機

成型機

プラスチック原料から射出成形機で成形

取り出し機

2.切削加工

面削自動機

材料を切削加工しいろいろなボタンを形作る

面削自動機

材料を切削加工しいろいろなボタンを形作る

放電加工機

データ入力し切削用刃物を作製

彫刻機

レーザー加工機

ボタン表面にロゴ文字

レーザー加工機

3.仕上げ加工

湿式研磨機

湿式での研磨仕上げ

乾式研磨機

乾式での研磨仕上げ

4.後加工(付加価値)

インクジェットプリンター

平面でなく立体物に印刷可能

パッド印刷機

曲面に印刷可能

ホットスタンプ機

金属箔を表面に圧着

自動計数梱包器

計数、梱包

自動計数梱包器

計数、梱包

PAGE TOP